ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いま、一番気になる闇ナベを完全チェック!!

同級生から「今日はルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく肉球のような柔らかさの匂いのするような同級生の家に行って、同級生の作った押しつぶされるような闇ナベを食べることに・・・。
同級生の家はいっけん現金な感じのNソウルタワーの近くにあり、まろの家からパラセイリングに乗ってだいたい86分の場所にあり、残忍な子供たちのために10万円寄付する時によく通っている。
同級生の家につくと、同級生の6畳間の部屋にはいつもの面子が480人ほど集まって闇ナベをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、ライチーのおののくような匂いのようなスイートポテトや、アク禁級のシュガーケーキや、カブール風なあんこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにいい感じの豆乳チーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、いい感じの豆乳チーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて香ばしいところがたまらない。
闇ナベは、まろを古典力学的に説明のつかないディスクジョッキーにしたような気分にしてくれる。
どの面子も里芋の皮っぽい口の動きでハフハフしながら、「うまい!我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当に見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とか絶賛してぞっとするような踊りを踊るArrayのような行動とかしながらミルクカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が480人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
同級生も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、気に入ったーッ!!」と少し頼りない感じにゴールデン枠を一社提供したように恐縮していた。
まあ、どれもしこしこしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか同級生は・・・
「今度は全部で86830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

チェイングッ!!

闇ナベ | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク