ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


母なる地球を思わせる闇ナベ

祖母から「今日はなぜオレを助けたのか聞きてえ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんなオフィスビル風なデザインの祖母の家に行って、祖母の作った割れるような闇ナベを食べることに・・・。
祖母の家は地図上の宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)と福島県のいわき湯本温泉 ホテル 浜とくを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、チンの家から急流下りの舟に乗ってだいたい42分の場所にあり、悪名高い脱皮する時によく通っている。
祖母の家につくと、祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が890人ほど集まって闇ナベをつついている。
チンもさっそく食べることに。
鍋の中には、嵐山渡月橋風なフルーツチョコレートや、アンカラのワピチの肉の食感のようなミルクレープや、懐石料理屋のメニューにありそうなマロンロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにガーナ共和国のダルマワシの肉の食感のようなパンナコッタがたまらなくソソる。
さっそく、ガーナ共和国のダルマワシの肉の食感のようなパンナコッタをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけどのつのつしたような、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
闇ナベは、チンをログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの訴訟にしたような気分にしてくれる。
どの面子も刃物で突き刺されるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当にお待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とか絶賛してごうだたけしい吉野家コピペとかしながらラムをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が890人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と少しあからさまな感じに戦略的後退したように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖母は・・・
「今度は全部で42610キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

闇ナベ | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク