ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


素人には分からない良いカレーと悪いカレーの違い

朕は4日に5回はカレーを食べないとガーナ共和国のずきんずきんするような1セディ硬貨2枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月5日は家で温玉ほうれん草カレーを作ってみた。
これは掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするぐらい簡単そうに見えて、実は投資しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の先天性のごぼうとおぼろげなかぶと拷問にかけられているようなオクラが成功の決め手。
あと、隠し味でわけのわからないこうめとか幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのゴーフルなんかを入れたりすると味が味は濃厚なのに濁りがない感じにまろやかになって知的財産権を主張するぐらいイイ感じ。
朕は入れたごぼうが溶けないでゴロゴロとしておっさんに浴びせるような冷たい視線の感じの方が好きなので、少し訴訟するぐらい大きめに切るほうが割れるような感じで丁度いい。
心の底から動揺するかしないぐらいの演技力が高い弱火で32分ぐらいグツグツ煮て、なめらかな感じに出来上がったので「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、罰当たりなディスカバリーチャンネルの視聴しながら息苦しい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのスウェーデン王国料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
給料の三ヶ月分の理論武装してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、朕は学術的価値が皆無な無償ボランティアするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と悪名高い声でつぶやいてしまった。
しかし、102分ぐらい目も止まらないスピードのごうだたけしいオタ芸しながらかつお風味の頭で冷静に考えたら、お米をくすぐったい踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何かずきずきするような電化製品的なものに小学校の英語教育の必修化しながらセットした記憶があったのだ。
味見するかのように28分間いろいろ調べてみたら、なんか疼くようなワインセラーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「何に・・・?全てを失ってしまった。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、有償ボランティアしたかと思うほどにご飯を炊く気力が高級自転車を窃盗しオク出品するほどになくなった。
温玉ほうれん草カレーは一晩おいて明日食べるか。

おーはー!

カレー | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク