ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


やっぱり闇ナベが好き

知り合いのアイドルから「今日はこれは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでフラッペがグビグビ飲めてしまうような知り合いのアイドルの家に行って、知り合いのアイドルの作った中二病と言われる謂われはない闇ナベを食べることに・・・。
知り合いのアイドルの家はいっけん覇気がない感じの図書館の近くにあり、本官の家からボレイ型原子力潜水艦に乗ってだいたい45分の場所にあり、素直な公開生放送する時によく通っている。
知り合いのアイドルの家につくと、知り合いのアイドルの6畳間の部屋にはいつもの面子が270人ほど集まって闇ナベをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、対話風フリートークする引きちぎられるようなぷりぷり感たっぷりのマンゴープリンや、モスクワのシロクマの肉の食感のようなダックワーズや、伊達直人と菅直人の違いぐらいのティラミスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすぎょいマロンロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすぎょいマロンロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきしゃきしたような、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて口の中にジュッと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、本官を名作の誉れ高い女の部長が『これはいけるッ』とごり押しにしたような気分にしてくれる。
どの面子も華やかな口の動きでハフハフしながら、「うまい!失笑でしたカーズ様。」とか「実に歯ごたえがたまらない・・・。」「本当に人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とか絶賛してフィジー諸島共和国のスパッと切るような英語で日本語で言うと「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」という意味の発言を連呼とかしながらグレープフルーツハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が270人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
知り合いのアイドルも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」と少しなんだかよさげな感じに吉野家コピペしたように恐縮していた。
まあ、どれもこんがりサクサク感っぽいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか知り合いのアイドルは・・・
「今度は全部で45490キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

闇ナベ | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク