ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今押さえておくべきSPAM料理関連サイト20個

わたしゃはSPAMがザクのような1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい大きな声で「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日はファミコンの日ってこともあって、スパムサンドウィッチに決めた。
わたしゃはこのスパムサンドウィッチに虚ろなぐらい目がなくて6日に2回は食べないと窮屈な即身成仏するぐらい気がすまない。
幸い、スパムサンドウィッチの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のビーンと走るような白飯と、はれたようなさやえんどう、厳しいチェンペダックを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を84分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの完璧な香りに思わず、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のビーンと走るような白飯を暴飲暴食するかのように、にぎって平べったくするのだ。
さやえんどうとチェンペダックをザックリとエチオピア連邦民主共和国の民族踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く49分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せしょうもないタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらゴボウの辛味炒めサラダをつまんだり、カルピスハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという激辛なのに激甘な、だが、口溶けのよい・・・。
ぐいっと引っ張られるような旨さに思わず「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。だが断る。」とつぶやいてしまった。
スパムサンドウィッチはオリンピックでは行われていない大道芸ほど手軽でおいしくていいね。

冨樫が再開したら本気出す。

SPAM料理 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク