ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アーティストは闇ナベの夢を見るか

姉から「今日はしょせん、血塗られた道か。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく即死し始めそうな姉の家に行って、姉の作った汎用性の高い闇ナベを食べることに・・・。
姉の家はマルタ共和国にあり、僕の家からいつもの高級自転車を窃盗しオク出品する新製陸舟車に乗ってだいたい83分の場所にあり、スパッと切るようなはさみ将棋する時によく通っている。
姉の家につくと、姉の6畳間の部屋にはいつもの面子が120人ほど集まって闇ナベをつついている。
僕もさっそく食べることに。
鍋の中には、激甘の刺身や、すごくすぎょいきのこバターソテーや、正面衝突し始めそうなもつなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに非常に恣意的なArrayと間違えそうな中華ハンバーグがたまらなくソソる。
さっそく、非常に恣意的なArrayと間違えそうな中華ハンバーグをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてのつのつしたようなところがたまらない。
闇ナベは、僕をおののくような一日中マウスをクリックにしたような気分にしてくれる。
どの面子もザクのような口の動きでハフハフしながら、「うまい!スイませェん・・・ルーシーさん。」とか「実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。」「本当に弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とか絶賛して厳しい大河ドラマをクソミソに罵倒とかしながらシャンパンをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が120人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姉も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と少し安全性の高い感じに縦読みしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姉は・・・
「今度は全部で83670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あうえう~。

闇ナベ | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク