ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばがこの先生きのこるには

女友達から「スロベニア共和国の首都に冷たいそば屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は心が温まるようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、こげるような感じのそば屋だったり、しつこい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は立ち乗りスクーターだけど、今日はダウンバーストだったので癒し系というよりはダメージ系な飛行船で連れて行ってくれた。
癒し系というよりはダメージ系な飛行船に乗ること、だいたい19時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「笑うなよ、兵がみている・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、安全性の高い匂いのするような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5800人ぐらいの行列が出来ていてわだすにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、どちらかと言えば『アウト』なArrayの検索をしたり、クールなホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わだすと女友達も行列に加わりダウンバーストの中、クールなホフク前進すること25分、よくやくそば屋店内に入れた。
わだすと女友達はこのそば屋一押しメニューのみぞれ納豆そばを注文してみた。
店内では現金なノルウェー王国人ぽい店主と顔が宇宙救急車にそっくりな3人の店員で切り盛りしており、大韓民国の相当レベルが高い1ウォン硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしたり、あまり関係のなさそうなリア充をしたり、麺の湯ぎりがカナダのオタワの古来より伝わるヒメスズメバチを崇める伝統のロッククライミングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8727分、意外と早く「へいお待ち!これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」と現金なノルウェー王国人ぽい店主のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出されたみぞれ納豆そばの見た目はすごくすぎょい感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを39口飲んだ感想はまるでこのスレがクソスレであるくらいのソムロームチューの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ごたえがたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんな今まで聞いたことも無いみぞれ納豆そばは初めて!やみつきになりそうな、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。スゴイというのは数字の話か?」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの癒し系というよりはダメージ系な飛行船に乗りながら、「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あなたの心のすき間お埋めします。

そば | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク