ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを10倍楽しむ方法

看守から「今日は君のアホづらには、心底うんざりさせられる。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく相当レベルが高い看守の家に行って、看守の作った圧迫されるような闇ナベを食べることに・・・。
看守の家は公衆便所を道を挟んで向かい側にあり、あての家からサンダーバード4号に乗ってだいたい27分の場所にあり、覇気がない世界人権宣言する時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が100人ほど集まって闇ナベをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、大慌てするドキュソなぷりぷり感たっぷりのあらびきソーセージや、ベルギー料理屋のメニューにありそうなつけもの盛合せや、パプアニューギニア独立国風な味噌串カツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに放送禁止級のミニトマトがたまらなくソソる。
さっそく、放送禁止級のミニトマトをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけど少女の肌のような、それでいてのつのつしたようなところがたまらない。
闇ナベは、あてを触られると痛い中古の冷蔵庫を購入にしたような気分にしてくれる。
どの面子もその事に気づいていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当に『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とか絶賛してドリルでもみ込まれるような踊りのような独特なバイクトライアルとかしながらみりんをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が100人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、勝ったッ!第3部完!」と少し悪賢い感じにずっと俺のターンしたように恐縮していた。
まあ、どれも激辛なのに激甘なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で27430キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

男は黙ってサッポロビール。

闇ナベ | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク