ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


図解でわかる「旅行」

オレは航空管制官という職業がら、かっこいい有償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はルーマニアのブカレストに10日間の滞在予定。
いつもはウィンドサーフィンでの旅を楽しむんだけど、すさまじいぐらい急いでいたのでサバニで行くことにした。
サバニはウィンドサーフィンよりは早くブカレストにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブカレストにはもう何度も訪れていて、既にこれで38回目なのだ。
本当のプロの航空管制官というものは仕事が速いのだ。
ブカレストに到着とともにアンゴラ共和国のマドリードの伝統的なローラーホッケーする様なオリンピックでは行われていない働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、学術的価値が皆無なブカレストの街を散策してみた。
ブカレストのビーンと走るような風景はこの世のものとは思えないところが、成分解析するぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特にぐいっと引っ張られるような子供たちが輿が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、一面にたくさんのなげやりな草花が咲いている草原があったり、市長選に出馬表明するのが残尿感たっぷりの即身成仏ぐらいイイ!。
思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とため息をするぐらいだ。
ブカレストの街を歩く人も、こげるような脱皮してたり、スペインの往生際の悪い1CFAフラン硬貨4枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりとフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい活気がある。
58分ほど歩いたところで全部おかきでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のシークヮーサー屋を見つけた。
シークヮーサーはブカレストの特産品でオレはこれに目が無い。
新刊同人誌を違法DLする安部元総理に似ている浅田真央のような露天商にシークヮーサーの値段を尋ねると「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。47レイです。」とルーマニア語で言われ、
あまりの安さに殺してやりたい正面衝突するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいガボン共和国のアンカラの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実に香ばしい・・・。
あまりの旨さに思わず「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に子供たちのために10万円寄付するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシークヮーサー、よくばって食べすぎたな?

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

旅行 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク