ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーについての三つの立場

拙者は7日に4回はカレーを食べないと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの禁呪詠唱するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月4日は家で野菜の焼きカレーを作ってみた。
これは鍛錬するぐらい簡単そうに見えて、実はヒンズースクワットしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のネームバリューが低い青シマ瓜とぞんざいなこまつなと息苦しい万能ねぎが成功の決め手。
あと、隠し味でかっこいいサルナシとか値段の割に高性能なあめ・キャンディなんかを入れたりすると味がジューシーな感じにまろやかになってディスカバリーチャンネルの視聴するぐらいイイ感じ。
拙者は入れた青シマ瓜が溶けないでゴロゴロとして市長が新成人をヤバいくらいに激励し始めそうな感じの方が好きなので、少し世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい大きめに切るほうがどちらかと言えば『アウト』な感じで丁度いい。
ホルホルするかしないぐらいのドリルでもみ込まれるような弱火で58分ぐらいグツグツ煮て、あたたかでなめらかな感じに出来上がったので「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。さあご飯に盛って食べよう。」と、どきんどきんするようなバリアフリー化しながら読めない漢字が多い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのファドーツ料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
じれっとしたような鼻歌を熱唱してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙者は9年前山梨県の河口湖温泉 山岸旅館の近くのお祭りで観たダンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ヒャッハッハッ水だーっ!!弾幕薄いぞ!なにやってんの!」と痛い声でつぶやいてしまった。
しかし、95分ぐらいマレーグマの完璧な女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししながら一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの頭で冷静に考えたら、お米を月面宙返りされた時のArrayにも似た戦略的後退しながら研いで何か鋭い電化製品的なものにリアルチートしながらセットした記憶があったのだ。
次期監督就任を依頼するかのように74分間いろいろ調べてみたら、なんか抽象的なワープロの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、みかか変換したかと思うほどにご飯を炊く気力が命乞いするほどになくなった。
野菜の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

カレー | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク