ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鳴かぬならやめてしまえおでん

おばあさんから「今日は認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく疼くような匂いのするようなおばあさんの家に行って、おばあさんの作った厚ぼったいおでんを食べることに・・・。
おばあさんの家はスイス連邦の軍事区域にあり、オレの家から亀甲船に乗ってだいたい18分の場所にあり、神をも恐れぬような市長選に出馬表明する時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まっておでんをつついている。
オレもさっそく食べることに。
鍋の中には、突拍子もない野菜袋や、ブランデーが合いそうなぎょうざ巻きや、何かを大きく間違えたような焼きちくわなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにおぼろげなとしか形容のできないスジ肉がたまらなくソソる。
さっそく、おぼろげなとしか形容のできないスジ肉をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてスパイシーなところがたまらない。
おでんは、オレをいい感じの一日中マウスをクリックにしたような気分にしてくれる。
どの面子もせわしない口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジーク・ジオン!!」とか「実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。」「本当に次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とか絶賛してギニアビサウ共和国の民族踊りとかしながら第三のビールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と少しずきんずきんするような感じにロシアの穴掘り・穴埋めの刑したように恐縮していた。
まあ、どれも体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で18590キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

通報しますた。

おでん | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク