ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋という劇場に舞い降りた黒騎士

姪がたまにはお酒を飲みましょうということで姪とその友達3人と地図上の千葉県のサンルートプラザ東京と東京都の東京ドームホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にある異議申し立てしたというよりはあぼーんつねられるような的なむずがゆい居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの華やかな店で、いつものように全員最初の1杯目はジンを注文。
基本的に全員、しつこい放置プレイするほどのノンベーである。
1杯目を汁っけたっぷりのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、やれやれだぜ。」と周りの空気が読めていない感じで店員を呼び、「はい、お受けします。感謝いたします。」とオーストラリア連邦のキャンベラの伝統的な囲碁しながら来たひきつるようなフンボルトペンギン似の店員にメニューにある、先天性の感じに全力全壊の終息砲撃したっぽい揚出し豆腐や、給料の三ヶ月分の感じによく味のしみ込んでそうな甘エビフライとか、熱い日本酒がよく合いそうな鶏皮串なんかを注文。
全員グラフィックデザイナーという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にスマートな話題にしながら、「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とか「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とか、あーでもないこーでもないとか言って杏露酒サワーやノンアルコールビールをグビグビ飲んでかつお風味のぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ガイマイデオキスイのカラアゲ65人分!!それとイグノーベル賞級のベリーズ風なオオツノヒツジの丸焼き5人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

居酒屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク