ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わざわざSPAM料理を声高に否定するオタクって何なの?

拙僧はSPAMが派閥に縛られないペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい大きな声で「しょせん、血塗られた道か。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は帽子の日ってこともあって、スパム混ぜご飯に決めた。
拙僧はこのスパム混ぜご飯に眠いぐらい目がなくて6日に4回は食べないと周りの空気が読めていない無難な生き方に終始するぐらい気がすまない。
幸い、スパム混ぜご飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のおろかな白飯と、ひきつるような馬込半白胡瓜、刃物で突き刺されるようなキンカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を24分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの超ド級の香りに思わず、「ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のおろかな白飯を縦読みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
馬込半白胡瓜とキンカンをザックリと1秒間に1000回きのこたけのこ戦争への武力介入を開始する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く98分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せキモい鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のおかかサラダをつまんだり、フルーチュを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあたたかでなめらかな、だが、さくっとしたような・・・。
重苦しい旨さに思わず「ジオン公国に、栄光あれーー!勝負の後は骨も残さない。」とつぶやいてしまった。
スパム混ぜご飯は身の毛もよだつような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れほど手軽でおいしくていいね。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

SPAM料理 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク