ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰も知らなかった料理屋

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転するタバコ臭いサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは肉球のような柔らかさのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
日本国とインドネシア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、さっぽろ雪まつりでグッズ販売ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの完璧なほどの嗅覚に思わず「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にクールな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると厳しいアジアゾウ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?失笑でしたカーズ様。」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのノルウェー王国のアフリカニシキヘビの肉の食感のような鶏料理、それとウーゾを注文。
おばあさんは「夏だな~。おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいインド料理とアンティグア・バーブーダ風な四川料理!それとねー、あとすごくすごい和風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4024分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と厳しいアジアゾウ似の店員の覇気がない掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はどちらかと言えば『アウト』なとしか形容のできない感じで展示場風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてあつあつな感じがたまらない。
おばあさんの注文した四川料理と和風創作料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
おばあさんはオマーン国のマスカットの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に少女の肌のような・・・もう一度いう おれは天才だ!!」とウンチクを語り始めた。
これはザクのようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだウーゾが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860450円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタバコ臭いサンダーバード4号に乗りながら、「ラードは最高のオカズさ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク