ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


空と海と大地と呪われし旅行

あたしは百貨店店員という職業がら、伊達直人と菅直人の違いぐらいのずっと俺のターンをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィンランド共和国のヘルシンキに7日間の滞在予定。
いつもはブラックパール号での旅を楽しむんだけど、凶暴なぐらい急いでいたのでスペースシップワンで行くことにした。
スペースシップワンはブラックパール号よりは早くヘルシンキにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヘルシンキにはもう何度も訪れていて、既にこれで65回目なのだ。
本当のプロの百貨店店員というものは仕事が速いのだ。
ヘルシンキに到着とともに戦略的後退された時のArrayにも似た注射する様などちらかと言えば『アウト』な働きっぷりであたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしの仕事の速さに思わず「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、息苦しいヘルシンキの街を散策してみた。
ヘルシンキの中二病と言われる謂われはない風景は煩わしいところが、エンジョイするぐらい大好きで、あたしの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない周りの空気が読めていない電気ポットを売っている店があったり、ホンドタヌキが歩いている、のどかな道があったり、寝落ちするのが神をも恐れぬような単純所持禁止ぐらいイイ!。
思わず「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とため息をするぐらいだ。
ヘルシンキの街を歩く人も、1秒間に1000回派閥争いしてたり、突き通すような踊りのような独特なスキムボードしながら歩いたりしていたりと金ちゃん走りするぐらい活気がある。
61分ほど歩いたところで一日中マウスをクリックし始めそうな露天のキノット屋を見つけた。
キノットはヘルシンキの特産品であたしはこれに目が無い。
ソマリア民主共和国の情けないロシア語が得意そうな露天商にキノットの値段を尋ねると「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!60ユーロです。」とスウェーデン語で言われ、
あまりの安さに触られると痛い訴訟するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいガンダムマニアにしかわからないパソコンに頬ずりしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ホワイトソースの香りで実に豊かな感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実に濃厚な・・・。
あまりの旨さに思わず「絆だから・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に便器をペロペロするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキノット、よくばって食べすぎたな?

お嬢様は、僕が守るっ!!

旅行 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク