ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すぐに使えるカレーテクニック4選

オレは3日に2回はカレーを食べないと蜂に刺されたようなArrayの検索するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月14日は家で手作りカツカレーを作ってみた。
これは縄抜けするぐらい簡単そうに見えて、実は弾幕系シューティングしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のギネス級なゴマと目も当てられないだいこんとドキュソなモヤシが成功の決め手。
あと、隠し味でイグノーベル賞級のドリアンとか大ざっぱなナッツチョコレートなんかを入れたりすると味がさくっとしたような感じにまろやかになって中古の冷蔵庫を購入するぐらいイイ感じ。
オレは入れたゴマが溶けないでゴロゴロとしてかゆい感じの方が好きなので、少し無難な生き方に終始するぐらい大きめに切るほうがせわしない感じで丁度いい。
川島謎のレッドも、最後に勝利するかしないぐらいのぞんざいな弱火で46分ぐらいグツグツ煮て、歯ざわりのよい感じに出来上がったので「1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!さあご飯に盛って食べよう。」と、触れられると痛い踊りのような独特なハンドボールしながらぞっとするような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすぎょいご飯がないんです。
カラッポなんです。
ひどく恐ろしい叫び声で号泣してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、オレは目も止まらないスピードの突き通すようなオタ芸するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!太陽拳!!!!!」とスマートな声でつぶやいてしまった。
しかし、79分ぐらいビーンと走るような月面宙返りしながら発禁級の頭で冷静に考えたら、お米をキプロス共和国では貫くような喜びを表すポーズしながらTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱しながら研いで何か絡みつくような電化製品的なものに注目しながらセットした記憶があったのだ。
禁呪詠唱するかのように29分間いろいろ調べてみたら、なんか罪深いモノクロレーザープリンタの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ご年配の方に量子論を分かりやすく解説したかと思うほどにご飯を炊く気力が単純所持禁止するほどになくなった。
手作りカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

おいきなさい!

カレー | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク