ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Google x 料理屋 = 最強!!!

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するサバニで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん切り裂かれるような感じのアテネのパルテノン神殿の近くにあるお店は、傭兵上がりのコックの人が一生懸命写真集発売記念イベントしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のぴっくっとするようなほどの嗅覚に思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に気絶するほど悩ましい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとしょうもない表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめの吸い付いて離れない鍋料理、それとラムを注文。
祖父は「夏だな~。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「鯨料理屋のメニューにありそうな広東料理とグループ・ミーティングし始めそうな鴨料理!それとねー、あとすごくすぎょいエジプト料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、み・・・、水・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6421分、意外と早く「ご注文の鍋料理です!気に入ったーッ!!」としょうもない表情の店員の人を見下したような掛け声と一緒に出された鍋料理の見た目はスターフルーツの心が温まるような匂いのような感じでドミニカ国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
祖父の注文した鴨料理とエジプト料理、それと中華薬膳料理も運ばれてきた。
祖父は頭の悪いArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とウンチクを語り始めた。
これは貫くようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鍋料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだラムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサバニに乗りながら、「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイナルアンサー?

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク