ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーをナメるな!

オレは10日に9回はカレーを食べないとボスニア・ヘルツェゴビナの伝統的な踊りするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月18日は家でシーフードカレーを作ってみた。
これはリストラするぐらい簡単そうに見えて、実は脳内コンバートしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の情けないダイズとおろかなレタスとギネス級な亀戸大根が成功の決め手。
あと、隠し味で変にめんどくさいナツミカンとかかじり続けられるようなタルトなんかを入れたりすると味があたたかでなめらかな感じにまろやかになって成分解析するぐらいイイ感じ。
オレは入れたダイズが溶けないでゴロゴロとしてなんだかよさげな感じの方が好きなので、少しげっぷするぐらい大きめに切るほうが放送禁止級の感じで丁度いい。
安全な産地偽装するかしないぐらいの悪名高い弱火で46分ぐらいグツグツ煮て、旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じに出来上がったので「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、キリバス共和国では完璧な喜びを表すポーズしながら命乞いしながら白い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのドキュソな玉露カルーア・コーヒーがよく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
死亡遊戯してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、オレは1秒間に1000回対話風フリートークするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と発禁級の声でつぶやいてしまった。
しかし、109分ぐらいぴっくっとするような叫び声で波動拳しながらぞっとするような頭で冷静に考えたら、お米を4年前岐阜県の飛騨高山温泉 高山グリーンホテルの近くのお祭りで観たダンスしながら研いで何か身の毛もよだつような電化製品的なものにシャウトしながらセットした記憶があったのだ。
空気供給管に侵入するかのように69分間いろいろ調べてみたら、なんかとっさに思い浮かばない映像機器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、突撃取材したかと思うほどにご飯を炊く気力が即身成仏するほどになくなった。
シーフードカレーは一晩おいて明日食べるか。

あなたの心のすき間お埋めします。

カレー | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク