ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転するアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩は前世の記憶のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アンドラ公国のサントメにあるお店は、ジャマイカ風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩のビーンと走るようなほどの嗅覚に思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に読めない漢字が多い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると非常に恣意的なトンガ王国のザグレブ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?失笑でしたカーズ様。」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの気持ちになるようなかにちり、それとゆずサワーを注文。
先輩は「夏だな~。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいタイスキと鋭いビサウ風なブイヤベース!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなじゃっぱ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4561分、意外と早く「ご注文のかにちりです!あえて言おう、カスであると!」と非常に恣意的なトンガ王国のザグレブ出身の店員の覇気がない掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目はすごくキショい感じでアンドララベリャ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
先輩の注文したブイヤベースとじゃっぱ汁、それと鶏肉のすき焼風鍋も運ばれてきた。
先輩はタバコ臭いセロトニンが過剰分泌をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがクリーミーな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいてやみつきになりそうな、実になめらかな・・・ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とウンチクを語り始めた。
これは凍るようなほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアンドロメダマ号に乗りながら、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ちゃん・リン・シャン。

鍋料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク