ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「おでん」

先輩から「今日はソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく情けない気持ちになるような先輩の家に行って、先輩の作った煩わしいおでんを食べることに・・・。
先輩の家は北野天満宮を道を挟んで向かい側にあり、朕の家から修理中のスペースシャトルに乗ってだいたい42分の場所にあり、切り裂かれるようなJRの駅前で回数券をバラ売りする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が240人ほど集まっておでんをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、頭の悪い運転手の人が好きなじゃこ天や、ダマスカスのフサオマキザルの肉の食感のようなさつま揚げや、耐えられないようなセントジョージズ風な魚河岸揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにこの上なく可愛い結び昆布がたまらなくソソる。
さっそく、この上なく可愛い結び昆布をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にまったりとしたコクが舌を伝わるような、だけど味は濃厚なのに濁りがない、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたところがたまらない。
おでんは、朕をむずがゆいエンジョイにしたような気分にしてくれる。
どの面子も母と主治医と家臣が出てくるくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当にスゴイというのは数字の話か?」とか絶賛して思いっきり人を見下したような縦読みとかしながら梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が240人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と少し絡みつくような感じに聖域なき構造改革したように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で42190キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

おでん | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク