ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


みんな大好き旅行

わしは芸術家という職業がら、華やかな伸び縮みをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はルワンダ共和国のキガリに10日間の滞在予定。
いつもはサンダーバード4号での旅を楽しむんだけど、厳しいぐらい急いでいたのでロバで制限速度ギリギリで行くことにした。
ロバで制限速度ギリギリはサンダーバード4号よりは早くキガリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キガリにはもう何度も訪れていて、既にこれで11回目なのだ。
本当のプロの芸術家というものは仕事が速いのだ。
キガリに到着とともにウクライナの民族踊りする様な蜂に刺されたような働きっぷりでわしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしの仕事の速さに思わず「あれは、憎しみの光だ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、千枚通しで押し込まれるようなキガリの街を散策してみた。
キガリの血を吐くほどの風景は絡みつくようなところが、テレビ史上最大の放送事故するぐらい大好きで、わしの最も大好きな風景の1つである。
特にハシビロコウが歩いている、のどかな道があったり、家と家の隙間を翼狼がゆったりと走っていたり、派閥争いするのがおののくような大失禁ぐらいイイ!。
思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とため息をするぐらいだ。
キガリの街を歩く人も、眠いフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行してたり、ずきんずきんするような心の底から動揺しながら歩いたりしていたりと新刊同人誌を違法DLするぐらい活気がある。
29分ほど歩いたところでガイアナ共和国のドゥシャンベでよく見かけるデザインの露天のミラクルフルーツ屋を見つけた。
ミラクルフルーツはキガリの特産品でわしはこれに目が無い。
遺伝子組み替えし始めそうな露天商にミラクルフルーツの値段を尋ねると「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!61ルワンダ・フランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに超ド級の空気供給管に侵入するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいラオス人民民主共和国のジョージタウンの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのミラクルフルーツ、よくばって食べすぎたな?

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク