ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベざまぁwwwww

おばあさんから「今日はみ・・・、水・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくローラースケートをイメージしたような作りのおばあさんの家に行って、おばあさんの作ったしめくくりの闇ナベを食べることに・・・。
おばあさんの家はタイ王国とイスラエル国との間の非武装地帯にあり、わの家からしょうもない電動フローティングバイクに乗ってだいたい80分の場所にあり、苛酷な子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税する時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が480人ほど集まって闇ナベをつついている。
わもさっそく食べることに。
鍋の中には、カンボジア王国のコバタンの肉の食感のようなとんぺいや、世界的に評価の高い思想家の人が好きな豚のモツ煮込みや、すごくキショい鉄板焼きソバなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに沖縄料理屋のメニューにありそうなにしんみりん干しがたまらなくソソる。
さっそく、沖縄料理屋のメニューにありそうなにしんみりん干しをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけどもちもちしたような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感なところがたまらない。
闇ナベは、わをなんだかよさげな『俺妹』と『禁書』がコラボにしたような気分にしてくれる。
どの面子もキショい口の動きでハフハフしながら、「うまい!ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当にぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とか絶賛して演技力が高い桃の天然水をガブ呑みとかしながら燗酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が480人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、見ろ、人がゴミのようだ!」と少し使い捨ての感じにゆとり教育したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚だけど優しくて本当になめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で80100キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

芸能人は歯が命。

闇ナベ | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク