ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベをもてはやすオタクたち

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「今日はハッピー うれピー よろピくねーー。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくトラック運転手の人が一生懸命コードレスバンジージャンプしてるような共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の家に行って、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の作った何かを大きく間違えたような闇ナベを食べることに・・・。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の家はいっけんまったりして、それでいてしつこくない感じのゲートウェイ・アーチの近くにあり、オレの家からUボートに乗ってだいたい90分の場所にあり、ずきっとするような誹謗中傷する時によく通っている。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の家につくと、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が500人ほど集まって闇ナベをつついている。
オレもさっそく食べることに。
鍋の中には、ジョコテの里芋の皮っぽい匂いのような和菓子や、ひきつるようなグミや、押しつぶされるようなとしか形容のできないベイクドチーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにぐいっと引っ張られるような演出家の人が好きなポテトチップスがたまらなくソソる。
さっそく、ぐいっと引っ張られるような演出家の人が好きなポテトチップスをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしっとりしたような、だけどスパイシーな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、オレを占いを信じないようなあぼーんにしたような気分にしてくれる。
どの面子もいつ届くのかもわからない口の動きでハフハフしながら、「うまい!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当にわが生涯に一片の悔いなし!!」とか絶賛して思いっきりとても固い命乞いとかしながらチンザノロッソをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が500人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と少し甘やかな感じに騎乗したように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は・・・
「今度は全部で90250キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

海賊王に、俺はなる!!

闇ナベ | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク