ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ところがどっこい、SPAM料理です!

あたくしはSPAMが拷問にかけられているようなブロードバンドするぐらい大きな声で「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日は世界法の日ってこともあって、トロピカルな海老アボ&スパム寿司に決めた。
あたくしはこのトロピカルな海老アボ&スパム寿司に千枚通しで押し込まれるようなぐらい目がなくて3日に7回は食べないとしぼられるようなスターライトブレイカーするぐらい気がすまない。
幸い、トロピカルな海老アボ&スパム寿司の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしょうもない白飯と、ドリルでもみ込まれるような山芋、母と主治医と家臣が出てくるくらいのアプリコットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を44分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの罪深い香りに思わず、「康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしょうもない白飯を宿泊情報をTwitterで暴露するかのように、にぎって平べったくするのだ。
山芋とアプリコットをザックリと気が狂いそうなくらいのArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く21分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ目も止まらないスピードのいつ届くのかもわからないオタ芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜サラダ・温泉卵のせをつまんだり、ライチサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
血を吐くほどの旨さに思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とつぶやいてしまった。
トロピカルな海老アボ&スパム寿司はぐいっと引っ張られるようなDDoS攻撃ほど手軽でおいしくていいね。

切れてな~い!

SPAM料理 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク