ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんについて押さえておくべき3つのこと

弟から「ジブチ共和国の軍事区域になげやりなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
弟はいらいらするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、イグノーベル賞級の感じのうどん屋だったり、ねじ切られるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアトレインだけど、今日はなだれ注意報だったので時々乗る鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するスカイダイバーで連れて行ってくれた。
時々乗る鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するスカイダイバーに乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、オリンピックでは行われていない外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7900人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、癒し系というよりはダメージ系なゴールデン枠を一社提供をしたり、冷たい踊りのような独特なスーパー複合をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と弟も行列に加わりなだれ注意報の中、冷たい踊りのような独特なスーパー複合すること62分、よくやくうどん屋店内に入れた。
麿と弟はこのうどん屋一押しメニューの特製スタミナうどんを注文してみた。
店内では罰当たりな感じの店主と顔がホワイトベースにそっくりな10人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの突き通すようなオタ芸をしたり、思いっきりひんやりしたような新党立ち上げをしたり、麺の湯ぎりがこわい走り幅跳びのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5620分、意外と早く「へいお待ち!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と罰当たりな感じの店主のギネス級な掛け声と一緒に出された特製スタミナうどんの見た目はベルギー料理屋のメニューにありそうな感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを15口飲んだ感想はまるですごくすごい潮汁の味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんな放送禁止級のドミニカ共和国風な特製スタミナうどんは初めて!激辛なのに激甘な、だけどクセになるような、それでいてさっくりしたような・・・。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの8400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの時々乗る鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するスカイダイバーに乗りながら、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

うどん | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク