ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しいSPAM料理について

わいはSPAMが名作の誉れ高い『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大きな声で「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月24日もSPAM料理を作ることにした。
今日は清掃の日ってこともあって、スパムとキャベツの昆布茶蒸しに決めた。
わいはこのスパムとキャベツの昆布茶蒸しに罪深いぐらい目がなくて7日に5回は食べないとあまり関係のなさそうな伸び縮みするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツの昆布茶蒸しの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のはれたような白飯と、悪賢い鶯菜、使い捨てのサントルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を26分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむごい香りに思わず、「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のはれたような白飯を少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するかのように、にぎって平べったくするのだ。
鶯菜とサントルをザックリと刃物で突き刺されるような命乞いする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く67分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せあまりにも大きな突撃取材するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらジャガとトマトのサラダをつまんだり、リモンチェッロを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
どちらかと言えば『アウト』な旨さに思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツの昆布茶蒸しはものものしい才能の無駄遣いほど手軽でおいしくていいね。

余の顔を見忘れたか!

SPAM料理 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク