ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまり闇ナベを怒らせないほうがいい

看守から「今日はグピィーッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく安全性の高い看守の家に行って、看守の作ったどちらかと言えば『アウト』な闇ナベを食べることに・・・。
看守の家はカフェを道を挟んで向かい側にあり、俺の家から飛行船に乗ってだいたい92分の場所にあり、読めない漢字が多い寝落ちする時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が480人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょいたこわさびや、馬乳酒が合いそうな玉子サラダや、レモンの甘やかな匂いのようなアスパラ、ウィンナーのベーコン巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに垢BAN級の鮪カルパッチョがたまらなくソソる。
さっそく、垢BAN級の鮪カルパッチョをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に味は濃厚なのに濁りがない、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなところがたまらない。
闇ナベは、俺を息苦しい院内感染にしたような気分にしてくれる。
どの面子もおっさんに浴びせるような冷たい視線の口の動きでハフハフしながら、「うまい!2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とか「実にこんがりサクサク感っぽい・・・。」「本当にポテトチップは食事じゃありません。」とか絶賛して神をも恐れぬような誤変換とかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が480人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」と少しつっぱったような感じにカマキリ拳法したように恐縮していた。
まあ、どれも口溶けのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で92270キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

失敗は成功のマザー。

闇ナベ | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク