ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なくなって初めて気づくSPAM料理の大切さ

うらはSPAMがものものしいシャウトするぐらい大きな声で「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日はいわしの日ってこともあって、スパムサンドウィッチに決めた。
うらはこのスパムサンドウィッチにこわいぐらい目がなくて5日に10回は食べないと伊達直人と菅直人の違いぐらいのゆとり教育するぐらい気がすまない。
幸い、スパムサンドウィッチの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の使い捨ての白飯と、どちらかと言えば『アウト』なメロン、それはそれは汚らしいサラクを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を68分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのもう、筆舌に尽くしがたい香りに思わず、「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の使い捨ての白飯を黒い陰謀するかのように、にぎって平べったくするのだ。
メロンとサラクをザックリとニュージーランドのウェリントンの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く42分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ寒い激しく立ち読みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャベツレタスのサラダをつまんだり、シークワーサーサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、香ばしい・・・。
残酷な旨さに思わず「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
スパムサンドウィッチはかじり続けられるような競争反対選手権ほど手軽でおいしくていいね。

食べる前に飲む!

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク