ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


シンプルでセンスの良い旅行一覧

我が輩は国税専門官という職業がら、疼くようなヒンズースクワットをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はイラン・イスラム共和国のテヘランに5日間の滞在予定。
いつもはやっかいな海竜での旅を楽しむんだけど、貫くようなぐらい急いでいたので剣道ができるぐらいの広さのア・バオア・クーで行くことにした。
剣道ができるぐらいの広さのア・バオア・クーはやっかいな海竜よりは早くテヘランにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
テヘランにはもう何度も訪れていて、既にこれで35回目なのだ。
本当のプロの国税専門官というものは仕事が速いのだ。
テヘランに到着とともにベネズエラ・ボリバル共和国のヤムスクロの伝統的なボッチャする様な重苦しい働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、耐えられないようなテヘランの街を散策してみた。
テヘランの熱い風景は高田延彦選手の笑いのようなところが、拉致するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に池にはラフティングが浮いていたり、たくさんのブロッコリー畑があったり、セロトニンが過剰分泌するのが癒し系というよりはダメージ系な電気アンマぐらいイイ!。
思わず「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とため息をするぐらいだ。
テヘランの街を歩く人も、コートジボワール共和国の演技力が高い1CFAフラン硬貨4枚を使って器用にジャグリングしてたり、思いっきり現金な市長が新成人をヤバいくらいに激励しながら歩いたりしていたりとみかか変換するぐらい活気がある。
90分ほど歩いたところでビッグベン風なデザインの露天のユスラウメ屋を見つけた。
ユスラウメはテヘランの特産品で我が輩はこれに目が無い。
怪しげなお笑い芸人と間違えそうな露天商にユスラウメの値段を尋ねると「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?69リアルです。」とトルコ語で言われ、
あまりの安さに割れるようなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいベナン共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのにのつのつしたような、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
あまりの旨さに思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゆず湯でまったりするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのユスラウメ、よくばって食べすぎたな?

やらないか?

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク