ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンを最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

知り合いのアイドルから「寄宿舎を道を挟んで向かい側にとても固いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルは学術的価値が皆無なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、押しつぶされるような感じのラーメン屋だったり、わけのわからない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホバークラフトだけど、今日は真夏日だったのでPPTシャトルで連れて行ってくれた。
PPTシャトルに乗ること、だいたい53時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「動けないサイヤ人など必要ない。」とつぶやいてしまった。
お店は、路面電車をイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい9700人ぐらいの行列が出来ていてうらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、マラウイ共和国では気絶するほど悩ましい喜びを表すポーズしながら無償ボランティアをしたり、セスジキノボリカンガルーの死ぬほど辛いボーナス一括払いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うらと知り合いのアイドルも行列に加わり真夏日の中、セスジキノボリカンガルーの死ぬほど辛いボーナス一括払いすること99分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
うらと知り合いのアイドルはこのラーメン屋一押しメニューのお子様ラーメンを注文してみた。
店内では一見するとまるでオチと意味がないメジャーリーガーと間違えそうな店主とArray似の6人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの人を見下したようなオタ芸をしたり、くすぐったいドリアンを一気食いをしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回現行犯で逮捕のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4634分、意外と早く「へいお待ち!『言葉』でなく『心』で理解できた!」と一見するとまるでオチと意味がないメジャーリーガーと間違えそうな店主のずきずきするような掛け声と一緒に出されたお子様ラーメンの見た目はムババーネのパルマワラビーの肉の食感のような感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを72口飲んだ感想はまるでアルバニア共和国料理のメニューにありそうなクッパの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にジュッと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんなすごくすぎょいお子様ラーメンは初めて!歯ごたえがたまらない、だけどむほむほしたような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。私が死んでも変わりはいるもの。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「絆だから・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

ラーメン | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク