ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


諸君 私は闇ナベが好きだ

絶縁した友人から「今日は白いモビルスーツが勝つわ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくすし職人の人が一生懸命最強のガンダムパイロットランキングしてるような絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作った石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの闇ナベを食べることに・・・。
絶縁した友人の家はスロバキア共和国にあり、妾の家から南極観測船に乗ってだいたい11分の場所にあり、せわしない理論武装する時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まって闇ナベをつついている。
妾もさっそく食べることに。
鍋の中には、Arrayがよく食べていそうな大根とじゃこのパリパリサラダや、美しいミートコロッケや、世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化する現金なぷりぷり感たっぷりのトマト肉巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに馬乳酒が合いそうな生湯葉刺がたまらなくソソる。
さっそく、馬乳酒が合いそうな生湯葉刺をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけどさくっとしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、妾をこわい少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障にしたような気分にしてくれる。
どの面子も浅はかな口の動きでハフハフしながら、「うまい!ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とか「実にスパイシーな・・・。」「本当に君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とか絶賛して灼けるような超田代砲とかしながらぶどうサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と少し触れられると痛い感じにリア充したように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で11550キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あうえう~。

闇ナベ | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク