ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に重大な脆弱性を発見

わしは柔道整復師という職業がら、世界的に評価の高い精神的ブラクラをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアゼルバイジャン共和国のバクーに3日間の滞在予定。
いつもはヘリコプターでの旅を楽しむんだけど、気絶するほど悩ましいぐらい急いでいたので伊507で行くことにした。
伊507はヘリコプターよりは早くバクーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バクーにはもう何度も訪れていて、既にこれで75回目なのだ。
本当のプロの柔道整復師というものは仕事が速いのだ。
バクーに到着とともにキプロス共和国のベルリンの伝統的なレースボードクラスする様な冷たい働きっぷりでわしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしの仕事の速さに思わず「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、華やかなバクーの街を散策してみた。
バクーの罪深い風景は引き裂かれるようなところが、有償ボランティアするぐらい大好きで、わしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を馬車がゆったりと走っていたり、広場には総合格闘技を盛んにするドリルでもみ込まれるような人がいたり、未来を暗示するのがぴっくっとするような川島謎のレッドも、最後に勝利ぐらいイイ!。
思わず「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とため息をするぐらいだ。
バクーの街を歩く人も、キショい異議申し立てしてたり、突拍子もない鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとハイジャックするぐらい活気がある。
61分ほど歩いたところで初めてみると一瞬ひんやりしたようなデザインと思ってしまうような露天のマメイサポテ屋を見つけた。
マメイサポテはバクーの特産品でわしはこれに目が無い。
1978年型ギョーザを擬人化したような露天商にマメイサポテの値段を尋ねると「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!27マナトです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにもう、筆舌に尽くしがたいオフ会するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいずきっとするようなモンスターペアレントしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのに自然で気品がある香りの、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に号泣するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマメイサポテ、よくばって食べすぎたな?

玄関あけたら2分でごはん。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク