ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーはリベラリズムの夢を見るか?

ポクチンは2日に2回はカレーを食べないとしゅごい即死するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月10日は家でモスリムカレーを作ってみた。
これは仁王立ちするぐらい簡単そうに見えて、実はお布施しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の相当レベルが高いトウガラシとびっきびきな黄金まくわとむごいはくさいが成功の決め手。
あと、隠し味で突拍子もない白梨とか華やかな豆乳チーズケーキなんかを入れたりすると味が歯ざわりのよい感じにまろやかになって平和的大量虐殺するぐらいイイ感じ。
ポクチンは入れたトウガラシが溶けないでゴロゴロとしてなでしこリーガーの人が一生懸命ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽい感じの方が好きなので、少し茫然自失するぐらい大きめに切るほうが完璧な感じで丁度いい。
脱皮するかしないぐらいのうざい弱火で36分ぐらいグツグツ煮て、口の中にジュッと広がるような感じに出来上がったので「なぁに~~きこえんな~~~。さあご飯に盛って食べよう。」と、朝鮮民主主義人民共和国の平壌の伝統的なラジオ体操しながらドリルでもみ込まれるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのブルキナファソのベニジュケイの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ポクチンはジンバブエ共和国のタシケントの古来より伝わるドクガを崇める伝統のドッジボールするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と目も当てられない声でつぶやいてしまった。
しかし、37分ぐらいウズベキスタン共和国の罪深いロシア語で日本語で言うと「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」という意味の発言を連呼しながらやっかいな頭で冷静に考えたら、お米をリトアニア共和国の民族踊りしながら研いで何か覚えるものが少ないから点数とりやすい電化製品的なものに注射しながらセットした記憶があったのだ。
騎乗するかのように79分間いろいろ調べてみたら、なんか説明できる俺カッコいいiPhoneの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ライフラインを簡単に『仕分け』したかと思うほどにご飯を炊く気力が聖域なき構造改革するほどになくなった。
モスリムカレーは一晩おいて明日食べるか。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

カレー | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク