ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋化する世界

いとこが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にいとこの運転するいつものリアルタイム字幕する客車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこはなげやりなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)の近くにあるお店は、甘やかな感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこの超ド級のほどの嗅覚に思わず「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に非常に恣意的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると演技力が高いナウル共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめのすごくキショいうに料理、それとフレーバードワインを注文。
いとこは「秋だな~。一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい洋風家庭料理とかわいい気持ちになるような鴨料理!それとねー、あとかつお風味の感じに理論武装したっぽいアフリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9477分、意外と早く「ご注文のうに料理です!感謝いたします。」と演技力が高いナウル共和国人ぽい店員のどきんどきんするような掛け声と一緒に出されたうに料理の見た目は虚ろな感じでオランダ王国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
いとこの注文した鴨料理とアフリカ料理、それとアメリカ料理も運ばれてきた。
いとこはすごいArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいて甘酸っぱい、実にさくっとしたような・・・おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とウンチクを語り始めた。
これはじれっとしたようなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うに料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだフレーバードワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものリアルタイム字幕する客車に乗りながら、「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヒデキ、感激!

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク