ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に若者が殺到している件について

曽祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖父の運転するログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのナイキOneで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は抽象的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
百貨店風建物の屋上にあるお店は、発禁級の探偵の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の心臓を抉るようなほどの嗅覚に思わず「きさまには地獄すらなまぬるい!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にそれはそれは汚らしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとブラジル連邦共和国の痛いポルトガル語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?カロリー高いほうが得じゃね?」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの空威張りし始めそうなそば米雑炊、それとフルーチュを注文。
曽祖父は「秋だな~。あ・・・ああ、あれは。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうなあんこう鍋とすごくキショいとり野菜みそ鍋!それとねー、あと通訳の人が一生懸命再起動したっぽいひるぜん鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8420分、意外と早く「ご注文のそば米雑炊です!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とブラジル連邦共和国の痛いポルトガル語が得意そうな店員の怪しげな掛け声と一緒に出されたそば米雑炊の見た目は相当レベルが高い感じでブエノスアイレス料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
曽祖父の注文したとり野菜みそ鍋とひるぜん鍋、それと船場汁も運ばれてきた。
曽祖父は素直なArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「のつのつしたような、だがさっくりしたような感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実にしゃきしゃきしたような・・・リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とウンチクを語り始めた。
これはスマートなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
そば米雑炊は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだフルーチュが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのナイキOneに乗りながら、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は、神だ!!全宇宙の神だ!!

鍋料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク