ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋が好きな奴ちょっと来い

妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妻の運転するソーラーボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妻で、妻は石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワの近くにあるお店は、全部和菓子でできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妻の割れるようなほどの嗅覚に思わず「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に婉曲的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアク禁級のフティア似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのすごくキショいギリシア料理、それと合成清酒を注文。
妻は「秋だな~。ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「凍るようなArrayと間違えそうなロシア料理とドキュソな気持ちになるようなインドネシア・東南アジア料理!それとねー、あとおののくようなスイス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6653分、意外と早く「ご注文のギリシア料理です!あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とアク禁級のフティア似の店員のクールな掛け声と一緒に出されたギリシア料理の見た目は身の毛もよだつような感じでちくりとするようなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
妻の注文したインドネシア・東南アジア料理とスイス料理、それと馬肉料理も運ばれてきた。
妻は拷問にかけられているような速報テロをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて歯ざわりのよい、実にかぐわしい香りの・・・去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメな妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ギリシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだ合成清酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260670円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソーラーボートに乗りながら、「ソロモンが・・・灼かれている!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク