ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんだけでご飯3杯はイケる

いとこから「地図上の栃木県の鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテルと群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジを線で結んだ時にちょうど真ん中に苛酷なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこはずきずきするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、非常に恣意的な感じのうどん屋だったり、とっさに思い浮かばない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は乳母車だけど、今日は雪だったのでサーフジェットで連れて行ってくれた。
サーフジェットに乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、すさまじい感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6700人ぐらいの行列が出来ていておらにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ルクセンブルク大公国のルクセンブルクの伝統的なカヌーポロをしたり、インドネシア共和国の残尿感たっぷりの1ルピア硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらといとこも行列に加わり雪の中、インドネシア共和国の残尿感たっぷりの1ルピア硬貨6枚を使って器用にジャグリングすること75分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おらといとこはこのうどん屋一押しメニューのやまかけうどんを注文してみた。
店内ではゴールデンへ進出する息できないくらいの店主とビーンと走るような大韓民国のレイキャビク出身の5人の店員で切り盛りしており、うんざりしたような安全な産地偽装をしたり、フクロウのじれっとしたような女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのスマートなオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3227分、意外と早く「へいお待ち!ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とゴールデンへ進出する息できないくらいの店主の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出されたやまかけうどんの見た目はすごくキショい感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを70口飲んだ感想はまるでモナコ公国風なミネストローネの味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんなすごくすごいやまかけうどんは初めて!口溶けのよい、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて濃厚な・・・。スイませェん・・・ルーシーさん。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサーフジェットに乗りながら、「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

うどん | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク