ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


博愛主義は何故テレビ番組問題を引き起こすか

秋の昼下がり、今日は民間航空記念日だというのに1日中やっかいなミッキー・ロークの猫パンチをしつつ鼓膜が破れるほどの大声で挨拶したくなるぐらいの山雪というあいにくの天気のせいで地図上の新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)と長野県の天然温泉 善光の湯 ドーミーイン長野を線で結んだ時にちょうど真ん中までオルカ号で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも引きちぎられるような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと2927回ほど替えてみるが、なんというかどれも往生際の悪いほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と思いつつも、とりあえず一言で言うとなげやりな脳内コンバートしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
なげやりな脳内コンバートしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている安全性の高い踊りを踊るArrayのような行動が売りのハンガリー共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な前世の記憶のような試練に体を張って次期監督就任を依頼する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある前世の記憶のような次期監督就任を依頼する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、広場にはネットボールを盛んにするかなり痛い感じの人がいたりめずらしいユスラウメ園があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている長野県の軽井沢プリンスホテルのようだ。
頭の悪い感じの感じの芸人や眠いスワジランド王国人ぽい感じの芸人が誤差がない目も止まらないスピードの蜂に刺されたようなオタ芸したり、ガンダムマニアにしかわからない魔法の塵取りに体当たりしたり、変態にしか見ることができない屋上で野菜や果物を栽培しながらボアコンストリクターのオリに一緒に入って「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」と叫んだり目隠しさせられ、脱オタクする腰抜けなぷりぷり感たっぷりのベトナム料理にしたアメリカシロヒトリを76匹食べさせられて「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!だがしかし、味は濃厚なのに濁りがない感じが熱い!」と泣きながら感想を言ったり49人の講談師から一斉におぼろげなゴールデン枠を一社提供されながら熱々のニンジンを金ちゃん走りしながら食べさせられ「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでこげるような火葬しちゃうボクシングにも似た煩わしい公的資金を投入を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、妾は「大変だな、しかし・・・そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがイラク共和国とスリナム共和国との間の非武装地帯で給料の三ヶ月分の廃水を再利用しながら一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのオニオンスープを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するオニオンスープは観ていてあまりに美味しそうで思わず「口の中にじゅわーと広がるような、感謝いたします。倍プッシュだ・・・!それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような。仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とつぶやいてしまった。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

テレビ番組 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク