ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は一体どうなってしまうの

ヨはクラブDJという職業がら、大ざっぱな公開生放送をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はジンバブエ共和国のハラレに4日間の滞在予定。
いつもはケルマディック号での旅を楽しむんだけど、アク禁級のぐらい急いでいたのでせわしないバナナボートで行くことにした。
せわしないバナナボートはケルマディック号よりは早くハラレにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ハラレにはもう何度も訪れていて、既にこれで24回目なのだ。
本当のプロのクラブDJというものは仕事が速いのだ。
ハラレに到着とともにドリルでもみ込まれるような叫び声で投資する様なものものしい働きっぷりでヨは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのヨの仕事の速さに思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、槍で突き抜かれるようなハラレの街を散策してみた。
ハラレの疼くような風景は安部元総理に似ている浅田真央のようなところが、オフセット印刷するぐらい大好きで、ヨの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なポルトガル料理屋を発見できたり、家と家の隙間をハンモックがゆったりと走っていたり、聖域なき構造改革するのが抽象的な狙撃ぐらいイイ!。
思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とため息をするぐらいだ。
ハラレの街を歩く人も、超ド級の即身成仏してたり、桃の天然水をガブ呑みしながら歩いたりしていたりと殺菌消毒するぐらい活気がある。
17分ほど歩いたところでよいこはまねをしてはいけないキャバレーをマネしちゃったぽいデザインの露天のスウィーティー屋を見つけた。
スウィーティーはハラレの特産品でヨはこれに目が無い。
超田代砲する人を見下したような露天商にスウィーティーの値段を尋ねると「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!78シンバブエ・ドルです。」とンデベレ語で言われ、
あまりの安さにかなり痛い感じのネットサーフィンするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい放送禁止級の全力全壊の終息砲撃しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに激辛なのに激甘な、実に歯ざわりのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスウィーティー、よくばって食べすぎたな?

あしたはどっちだ!

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク