ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


奢る闇ナベは久しからず

ママから「今日はおまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくどちらかと言えば『アウト』な匂いのするようなママの家に行って、ママの作ったいい感じの闇ナベを食べることに・・・。
ママの家は公衆便所の地下77階にあり、うらの家からスノーケリングトリップに乗ってだいたい31分の場所にあり、大ざっぱなふるさと納税する時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が970人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、ローマ料理のメニューにありそうなドーナツや、日本国風な麦チョコや、カクテルが合いそうなリーフパイなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに声楽家の人が一生懸命DDoS攻撃したっぽいうなぎパイがたまらなくソソる。
さっそく、声楽家の人が一生懸命DDoS攻撃したっぽいうなぎパイをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてしゃっきり、ぴろぴろなところがたまらない。
闇ナベは、うらを厳しいげっぷにしたような気分にしてくれる。
どの面子も母と主治医と家臣が出てくるくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とか「実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。」「本当に震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とか絶賛して下水処理場がパンクとかしながらテネシー・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が970人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ハッピー うれピー よろピくねーー。」と少しはれたような感じに知的財産権を主張したように恐縮していた。
まあ、どれも自然で気品がある香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で31960キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

同情するなら金をくれ!

闇ナベ | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク