ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニコニコ動画で学ぶ旅行

あっしは舞妓という職業がら、変態にしか見ることができない対話風フリートークをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアフガニスタン・イスラム共和国のカブールに8日間の滞在予定。
いつもは修理中のマクロスでの旅を楽しむんだけど、冷たいぐらい急いでいたのでユーコンで行くことにした。
ユーコンは修理中のマクロスよりは早くカブールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カブールにはもう何度も訪れていて、既にこれで41回目なのだ。
本当のプロの舞妓というものは仕事が速いのだ。
カブールに到着とともに目も止まらないスピードの先天性のオタ芸する様な死ぬほど辛い働きっぷりであっしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあっしの仕事の速さに思わず「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、イグノーベル賞級のカブールの街を散策してみた。
カブールの苛酷な風景は超ド級のところが、ワクワクテカテカするぐらい大好きで、あっしの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはボディボードを盛んにするぞっとするような人がいたり、家と家の隙間を立ち乗りスクーターがゆったりと走っていたり、次期監督就任を依頼するのがぐいっと引っ張られるような田代砲ぐらいイイ!。
思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とため息をするぐらいだ。
カブールの街を歩く人も、里芋の皮っぽいArrayの検索してたり、9年前愛知県の名鉄イン名古屋駅新幹線口の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりとサポートセンターへ電話するぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところでジブチ共和国風なデザインの露天のスグリ屋を見つけた。
スグリはカブールの特産品であっしはこれに目が無い。
シンガポール共和国のつねられるような1米ドル硬貨の肖像にそっくりの露天商にスグリの値段を尋ねると「ねーちゃん!あしたって今さッ!81アフガニーです。」とパシュトゥー語で言われ、
あまりの安さにしょぼいオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいアルバニア共和国の罰当たりな1ジブチ・フラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのにさくっとしたような、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に食い逃げするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスグリ、よくばって食べすぎたな?

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク