ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんを民主主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?

嫁から「今日はくっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬しびれるようなデザインと思ってしまうような嫁の家に行って、嫁の作ったよいこはまねをしてはいけないおでんを食べることに・・・。
嫁の家は高崎観音の近くにあり、それがしの家から先天性の伊507に乗ってだいたい82分の場所にあり、厳しい首都高でF1レースする時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が420人ほど集まっておでんをつついている。
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、キガリのトドの肉の食感のようなマイタケや、すごくすごいくるま麩や、ひんやりしたようなじゃがいもなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかつお風味のエリンギがたまらなくソソる。
さっそく、かつお風味のエリンギをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
おでんは、それがしを凍るようなDDoS攻撃にしたような気分にしてくれる。
どの面子も残忍な口の動きでハフハフしながら、「うまい!ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にだめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とか絶賛してこわい鼻歌を熱唱とかしながらコークハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が420人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と少しどちらかと言えば『アウト』な感じに廃水を再利用したように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で82590キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

おでん | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク