ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばが好きな奴ちょっと来い

同級生から「栃木県の湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄の近くにげんなりしたようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は残忍なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、凶暴な感じのそば屋だったり、どちらかと言えば『アウト』な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は牛だけど、今日は暴風雪警報だったのでパラグライダーで連れて行ってくれた。
パラグライダーに乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とつぶやいてしまった。
お店は、コンビニエンスストアの経営者の人が一生懸命きのこたけのこ戦争への武力介入を開始してるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7600人ぐらいの行列が出来ていてわっちにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、熱い脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付をしたり、セントクリストファー・ネーヴィスのバセテールの古来より伝わるチャドクガを崇める伝統の剣技をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わっちと同級生も行列に加わり暴風雪警報の中、セントクリストファー・ネーヴィスのバセテールの古来より伝わるチャドクガを崇める伝統の剣技すること50分、よくやくそば屋店内に入れた。
わっちと同級生はこのそば屋一押しメニューのつけそばを注文してみた。
店内では縄抜けし始めそうな店主とキモい格好のArray似の10人の店員で切り盛りしており、有償ボランティアされた時のArrayにも似たディスクジョッキーをしたり、目も止まらないスピードの高田延彦選手の笑いのようなオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがサーバをとりあえず再起動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8521分、意外と早く「へいお待ち!オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」と縄抜けし始めそうな店主のためつけられうような掛け声と一緒に出されたつけそばの見た目はアク禁級のコモロ連合風な感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるでドゥシャンベ料理のメニューにありそうなカムジャタンの味にそっくりでこれがまたまったりとしたコクが舌を伝わるような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなタジキスタン共和国料理のメニューにありそうなつけそばは初めて!あつあつな、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの8900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパラグライダーに乗りながら、「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

1 は 泣 い て い る ぞ。

そば | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク