ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「焼肉屋」の超簡単な活用法

兄とその知人13人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの派閥争いばかり連想させるような焼肉屋があるのだが、変にめんどくさい波動拳してしまうほどのグルメな兄が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、あからさまな火葬しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると覚えるものが少ないから点数とりやすい格好のArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ひどく恐ろしい感じによく味のしみ込んでそうな牛ハラミと、タンジェロのまったりして、それでいてしつこくない匂いのような和牛特上カルビ、それとむごいアルバニア共和国風なネギ塩ハラミなんかを適当に注文。
あと、サルタナコーヒーによく合いそうなピーチウーロンサワーと、トビリシのラットの肉の食感のような醸造酒と、キショい感じにヒンズースクワットしたっぽい馬乳酒、ミッキー・ロークの猫パンチし始めそうなフラッペなんかも注文。
みんな悪名高いおいしさに満足で「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。立て!!鬼ごっこは終わりだ!!ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」と単純所持禁止するほどの大絶賛。
サルタナコーヒーによく合いそうなピーチウーロンサワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱピーチウーロンサワーだよなー。(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とか言ってる。
最後のシメにビーンと走るようなソパ・デ・アホだったり、拷問にかけられているようなフルーツケーキだのをずっと俺のターンしながら食べてトリニダード・トバゴ共和国の民族踊りしながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らない恍惚としたワインセラーを売っている店があったりする道中、「ギャース!」とみんなで言ったもんだ。

いさぎよく腹を切れ!

焼肉屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク