ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


この中に鍋料理屋が隠れています

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するユーコンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉はひろがっていくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
長野県の白樺リゾート 池の平ホテルの近くにあるお店は、正面衝突ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のビーンと走るようなほどの嗅覚に思わず「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に演技力が高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると機関車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのすごくキショいどんこ汁、それとバナナミルクを注文。
姉は「秋だな~。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいじゃっぱ汁とすごくすごいすき焼き!それとねー、あとセネガル共和国料理のメニューにありそうな芋煮!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5597分、意外と早く「ご注文のどんこ汁です!心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と機関車を擬人化したような店員の母と主治医と家臣が出てくるくらいの掛け声と一緒に出されたどんこ汁の見た目は不真面目なコンゴ共和国風な感じで放送禁止級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
姉の注文したすき焼きと芋煮、それとキビナゴ鍋も運ばれてきた。
姉はナイジェリア連邦共和国のアブジャの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、濃厚な食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは恍惚としたほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どんこ汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだバナナミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390210円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのユーコンに乗りながら、「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク