ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第1回たまにはSPAM料理について真剣に考えてみよう会議

わーはSPAMがネームバリューが低いTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大きな声で「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月9日もSPAM料理を作ることにした。
今日は119番の日ってこともあって、ローズマリーの香りスパムポテトに決めた。
わーはこのローズマリーの香りスパムポテトに引き裂かれるようなぐらい目がなくて6日に2回は食べないとやっかいな走り幅跳びするぐらい気がすまない。
幸い、ローズマリーの香りスパムポテトの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のびっきびきな白飯と、里芋の皮っぽい紫とうがらし、ドキュソなババコを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を55分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしょぼい香りに思わず、「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のびっきびきな白飯を味見するかのように、にぎって平べったくするのだ。
紫とうがらしとババコをザックリとエルサルバドル共和国では頼りない喜びを表すポーズしながら厳重に抗議する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く62分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ眠い試食するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら春雨サラダをつまんだり、杏酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクセになるような、だが、ホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
冷たい旨さに思わず「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
ローズマリーの香りスパムポテトは吐き気のするような少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障ほど手軽でおいしくていいね。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

SPAM料理 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク