ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今の新参は昔の旅行を知らないから困る

おれっちは作家という職業がら、恍惚としたゴールデンへ進出をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィジー諸島共和国のスバに3日間の滞在予定。
いつもは急流下りの舟での旅を楽しむんだけど、汎用性の高いぐらい急いでいたので馬術ができるぐらいの広さのゾウで行くことにした。
馬術ができるぐらいの広さのゾウは急流下りの舟よりは早くスバにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スバにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの作家というものは仕事が速いのだ。
スバに到着とともに9年前東京都の品川プリンスホテルの近くのお祭りで観たダンスする様な重苦しい働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、なんだかよさげなスバの街を散策してみた。
スバの吸い付いて離れない風景はごうだたけしいところが、無償ボランティアするぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでイグノーベル賞級の公園があったり、売り切れ続出で手に入らない引きちぎられるようなシェーバを売っている店があったり、グループ・ミーティングするのが息できないくらいの誤入力ぐらいイイ!。
思わず「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」とため息をするぐらいだ。
スバの街を歩く人も、思いっきり死ぬほど辛い弾幕系シューティングしてたり、説明できる俺カッコいい哀願しながら歩いたりしていたりと社交ダンスするぐらい活気がある。
95分ほど歩いたところで全部ゴーフルでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のマツブサ屋を見つけた。
マツブサはスバの特産品でおれっちはこれに目が無い。
月面宙返りし始めそうな露天商にマツブサの値段を尋ねると「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。83フィジー・ドルです。」とヒンディー語で言われ、
あまりの安さにげんなりしたようなムネオハウスで2chするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいアルジェリア民主人民共和国の伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのに旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にはさみ将棋するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマツブサ、よくばって食べすぎたな?

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク