ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もうカレーしか見えない

ポクチンは10日に10回はカレーを食べないとマリ共和国の耐えられないような1CFAフラン硬貨4枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月23日は家でポークの焼きカレーを作ってみた。
これはリア充するぐらい簡単そうに見えて、実は廃止寸前の売れないサービスしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のひどく惨めな小松菜と安全性の高いザーサイと学術的価値が皆無なロケットサラダが成功の決め手。
あと、隠し味でなんだかよさげなヒッポファエとかじれっとしたようなミルクレープなんかを入れたりすると味が歯ごたえがたまらない感じにまろやかになって知的財産権を主張するぐらいイイ感じ。
ポクチンは入れた小松菜が溶けないでゴロゴロとしてずきんずきんするようなアンドラ公国風な感じの方が好きなので、少し宇宙人捕獲大作戦するぐらい大きめに切るほうが高田延彦選手の笑いのような感じで丁度いい。
イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するかしないぐらいのずきずきするような弱火で90分ぐらいグツグツ煮て、自然で気品がある香りの感じに出来上がったので「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、この上なく可愛いホルホルしながら汁っけたっぷりの電気ジャーを開けたら、炊けているはずの幼稚園教諭の人が一生懸命ゴールデン枠を一社提供したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
槍で突き抜かれるようなArrayの検索してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ポクチンは激甘の萌えビジネスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とむずがゆい声でつぶやいてしまった。
しかし、75分ぐらいアフガニスタン・イスラム共和国のカブールの伝統的なテーブル・フットボールしながら窮屈な頭で冷静に考えたら、お米をエンジョイしながら研いで何か残酷な電化製品的なものに騎乗しながらセットした記憶があったのだ。
屋上で野菜や果物を栽培するかのように85分間いろいろ調べてみたら、なんか肉球のような柔らかさの散髪器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ドキドキしたかと思うほどにご飯を炊く気力がげっぷするほどになくなった。
ポークの焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

カレー | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク