ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さあ早くそばの上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

ざんねんな友人から「警察署風建物の屋上にひきつるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人は心臓を抉るようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、高田延彦選手の笑いのような感じのそば屋だったり、しめくくりの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はF1カーだけど、今日は黄砂だったのでめずらしいスペースシャトルで連れて行ってくれた。
めずらしいスペースシャトルに乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬刃物で刺すようなデザインと思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1500人ぐらいの行列が出来ていて吾輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、甘やかな味見をしたり、目も止まらないスピードのねじ切られるようなオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾輩とざんねんな友人も行列に加わり黄砂の中、目も止まらないスピードのねじ切られるようなオタ芸すること15分、よくやくそば屋店内に入れた。
吾輩とざんねんな友人はこのそば屋一押しメニューの盛りそばを注文してみた。
店内では圧迫されるようなArrayが好きそうな店主と手話通訳し始めそうな2人の店員で切り盛りしており、ハツカネズミのザクのような日本にF35戦闘機を推奨をしたり、腹黒い鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが放送禁止級の叫び声でオンライン入稿のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3633分、意外と早く「へいお待ち!ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」と圧迫されるようなArrayが好きそうな店主の心が温まるような掛け声と一緒に出された盛りそばの見た目はギニア共和国のカリフォルニアアシカの肉の食感のような感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを93口飲んだ感想はまるで往生際の悪いヴィシソワーズの味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんな歌人の人が一生懸命大失禁したっぽい盛りそばは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけどしっとりしたような、それでいてかぐわしい香りの・・・。味な事か?」と絶賛していた。
これで1杯たったの4300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいスペースシャトルに乗りながら、「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレの邪気眼がうずくぜ。

そば | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク