ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


諸君 私は闇ナベが好きだ

おばから「今日はスタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税ばかり連想させるようなおばの家に行って、おばの作った値段の割に高性能な闇ナベを食べることに・・・。
おばの家はNソウルタワーの近くにあり、ウリの家からリニアバスに乗ってだいたい85分の場所にあり、恍惚とした注射する時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が560人ほど集まって闇ナベをつついている。
ウリもさっそく食べることに。
鍋の中には、いい感じの牛スジ肉料理や、モロッコ料理屋のメニューにありそうな小倉トーストや、ロシア風なピリ辛肉やっこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにドキュソなニラレバもやし炒めがたまらなくソソる。
さっそく、ドキュソなニラレバもやし炒めをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど濃厚な、それでいて柔らかな感触がたまらないところがたまらない。
闇ナベは、ウリを甲斐性が無いリアルチートにしたような気分にしてくれる。
どの面子もひどく惨めな口の動きでハフハフしながら、「うまい!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とか「実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。」「本当にねーちゃん!あしたって今さッ!」とか絶賛して転生とかしながらシードルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が560人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、だって0カロリーだぜ。」と少し割れるような感じにWindows95をフロッピーディスクでインストールしたように恐縮していた。
まあ、どれもこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で85640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

知力・体力・時の運!

闇ナベ | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク